朝シャンで抜け毛が増えるのか?実践した結果や理由も説明!

朝シャンで抜け毛が増えるのか?実践した結果や理由も説明!

朝シャンをすると抜け毛が増えてしまうと言われていますが、これはどういったことが理由で言われているのでしょうか?

ここでは朝シャンで抜け毛が増えてしまう理由や実際に検証した結果についてご紹介したいと思います。

朝シャンで抜け毛が増える理由は?

朝シャンを行っている方の中で抜け毛が増えてしまっている場合、 朝シャンだけにスポットをあてると以下の原因が考えられます。

抜け毛の要因①すすぎ残し

朝シャンは夜に洗髪するのと比較すると洗髪にかけられる時間がどうしても少なくなりがちです。洗髪のやり方自体は変わらないと思いますのでもっとも減ってしまうのは髪をシャワーで流す時間だと思います。

シャンプーは思っている以上にお湯で流すことが難しくそれなりに時間をかけなければ上手く流せません。そのため、頭皮にシャンプーが残り、頭皮の環境を悪くしてしまうことにより抜け毛を増やしてしまう可能性が高まります。

抜け毛の要因②頭皮脂の取りすぎ

頭皮を保護するためにも一定量の脂が頭皮には必要です。そのため朝シャンによって頭皮の脂を取りすぎてしまうと保護が行えず、頭皮が傷んでしまいます。この脂の取りすぎも朝シャンで抜け毛が増えてしまう要因の1つだと思われます。

抜け毛の要因③髪を乾かし切れていない

朝で時間がないため、洗髪後のドライヤーにあてられる時間も短くなりがちです。時間が短くなってしまうと髪と頭皮が生乾きとなってしまいます。そのため、頭皮に菌が増えてしまい、髪や頭皮に悪い影響を与えてしまいます。

朝シャンが抜け毛増の要因とも言えない?

朝シャンが抜け毛を増やすであろう要因は上で説明させて頂きました。それぞれある程度納得できるものではありましたが、朝シャンは抜け毛を増やすだけなのでしょうか。

抜け毛の要因は多数存在

髪の毛が抜けてしまう要因としては朝シャン以外にもストレスであったり食生活であったりと数多くの要因がありますので必ずしも朝シャンが抜け毛の要因と特定するのは難しいと思われます。

適度な汚れ落としは頭皮にプラス

朝シャンによって過度に頭皮の脂をとってしまうことはあまり良いことではありませんが汚れや脂を適度に取る分にはむしろ良い行いであると言えます。

朝シャンであっても頭皮の脂を過度に取らないシャンプーを用いたり、他の記事でもご紹介している湯シャンを用いることによって適度に頭皮の汚れや脂を落とすことが可能です。

ストレスは抜け毛増の要因になる

どちらかというと朝シャン容認派の自分ですが、朝シャンをしないと夕方より前には髪や頭皮がかなりベタベタな状況となってしまい、たいしてみられてはいないものの、周りの目や鼻が気になってしまいます。

このことを気にすることが正直ストレスとなってしまっていて頭皮にたいしても悪い影響を与えてしまっている可能性があります。

朝シャンで抜け毛が増えるか?を検証

ここまでで朝シャンにより抜け毛が増える要因等について記載してきましたが、
あくまで知識ベースでの話でした。実際のところ朝シャンで抜け毛が増えるかについては抜け毛の本数を数えて検証してみたいと思います。

シャンプー時の抜け毛本数で検証抜け毛本数のカウントは洗髪時に発見できたもので行います。なるべく発見するようにしますが、できなかったものは当然ながらあきらめます。

集計期間は1週間ずつとします。また、今回は夜の洗髪時に使っているシャンプーをそのまま使うこととします。脂を取りすぎないシャンプーや湯シャンでの検証は別の機会に実施したいと思います。

【朝シャン実施】

まずは朝シャンを行った時の抜け毛をカウントします。最終的なカウントは朝シャンと夜の洗髪時の本数を数えることとします。

早速ではありますが、結果は19本でした。朝が7本、夜12本です。勿論見逃しているものもあると思いますが概ねこれくらいの本数だと思われます。

【朝シャン未実施】

朝シャンは行っていないため、夜の洗髪時の抜け毛本数を数えることとなります。こちらの結果ですが、本数は16本でした。朝シャン有りと比較するとやや少ない結果となっています。

【結果】

朝シャン未実施の場合の方が抜け毛の本数が少ないものの、個人的にはあまり変わらない結果であったと思います。とはいえ、長期的な頭皮環境を考えた場合は未実施の方がかなり良い結果となるかもしれませんが、これについて検証は難しいといえそうです。

朝シャンは湯シャン等により良い結果を生むことも?

朝シャンの抜け毛検証の結果では朝シャン有無による本数の違いは多くの差を生むものではありませんでした。個人的にはこれくらいの差であればストレスがかからない朝シャンを活用したいと思っています。

とはいえ、通常のシャンプーを使った場合、やや本数が多くなってしまったのも事実ではあります。シャンプーを使わない湯シャンは脂を取りすぎず、汚れを取ることが可能です。

今回はシャンプーでの朝シャンでしたが、湯シャンで行った場合は違う結果が出ると思います。次回以降は湯シャンや頭皮の脂を取りすぎないシャンプーを用いての検証をしたいと思います。